2012年06月20日

鈴をつける

『鈴をつける』

 私が顎をツンと突き出すと、彼は蚊の鳴くような音のモーター音を鳴らして、そろり、とアームを伸ばした。その指先で摘んでいるのは、豆粒よりも小さな鈴のついたチョーカー。ちりん、ちりん、とその居場所を彼に語りかける。
「大丈夫、怖くない」
 上手にチョーカーを結べたら、彼にキスしてあげようと思う。それもとびっきりの!

***

 タイトル競作に出し損ねた何か。
  そしてイメージはこんな感じ。
 http://www2.ocn.ne.jp/~sigeya/pupa/e/m_14_sennen.jpg(つくしあきひとさん/風のサナギhttp://www2.ocn.ne.jp/~sigeya/pupa/
 重厚長大に何が詰まってるって、浪漫ですよ浪漫。
 色々な機械製品が小型化していく今日ですけども、そりゃミクロ化して受けられる恩恵はたくさんありますよ。ありますさ。そういう方向性が意義あるものだということは十二分に認めます。認めますけども、でもやっぱり重厚長大の浪漫もたまらなく良いものです。パワーは美ですよ美。心がときめきます。うっひょー、ってなります。製鉄所とかいいじゃないですか。いいと思いませんか? 思うでしょう? 思ってください。つか、思え。そんなわけでいつか叶ったらいいなぁと思う夢の一つは、スペースシャトルを足元から見上げることです。あんなバカでかい鉄の塊が白煙吹き上げて宇宙まで行くかと思うと、溢れ出る浪漫を胸の内に留めることがとてもできないですね。だからこんなことをだらっだらと書いてるわけですよ。
posted by いさや at 23:18| Comment(0) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。