2011年10月04日

月を抱いて眠る/NOIFproject

posted by いさや at 15:20| Comment(0) | 書籍掲載他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黎明

「黎明」

 世界中のごみが集まる北海の最果て島。
 目を醒ましたのは僕一人だけのようだった。おなかの綿がはみ出ているけれど、それ以外は対して傷ついていないようだ。目を瞑れば思い出すことはたくさんあるけれど、それは、もういい。
 仰向けながら見上げるのは灰色の空。白い翼に黒い嘴を持つ海鳥の群れが視界を横断する。

 僕は、生まれたての小鹿のように、立ち上がる。
 少しだけ高くなった視点で見渡す世界は、どこまでも続いて見えた。この世にはこんなにもごみが溢れていたのだ。限界まで使い古されたものや、まだ新品同然のものもあるけれど、共通しているのは、それらはもはや誰にも必要とされていないことだけだ。
 彼方に一際大きなごみの山がある。そこが島の中心であったようなので、そちらへ向かうことにする。誰か他に目覚めたものが居ることをかすかに期待していたのだ。しかし結局それは叶わなかった。それでも、苦心して山を登る。そうして辿り着いた山の頂で、僕は、ああ、と嘆息をこぼさずにはいられない景色を見る。
 豆粒よりも小さな海鳥どもが、黒い嘴を振りおろしてごみを啄ばむ。あるいは群れで空を飛ぶ。その黒さで空は俄かに暗くすら見える。しかしその背後では、今まさに夕日が沈もうとしている。
 僕は膝を抱えてその美しい光景に見惚れる。
 げえ、げえ、と鳥どもが醜い声で鳴く。
 僕は一つの決意をする。

 夜が明けたら、新しい国の建国を宣言しよう。ここを新天地にするのだ。
 捨てられるのはとても恐ろしいことだとみんな思っているけれど、案外気楽なものなのだから。
 だから夜が明けるまでの間、君たちは決して負けてはいけないのだ、決して。
posted by いさや at 15:17| Comment(0) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。