2009年09月29日

デジャヴ

「デジャヴ」

 ありもしない記憶を思い出しかける。

 身に覚えのないデジャヴ。
 記憶の糸を遡っていくけれどとうとう件の記憶が見つからないうちに端に辿りつく。

 あれは誰だったのだろう。

 首を傾げながら来た道を戻っていく。
 かつてそんなことがあったのかもしれない。


 ありもしない記憶を思い出しかけた記憶を思い出しかける。

 身に覚えのないデジャヴ。
 記憶の糸を遡っていくけれどとうとう件の記憶が見つからないうちに端に辿りつく。

 あれは誰だったのだろう。

 そんな往復運動ばかり繰り返している。
 記憶にない思い出ばかりが積もり、思い出せないことが忘れられなくなる。それもいつか思い出せなくなるのかもしれないけれど。
posted by いさや at 16:20| Comment(0) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

命題

「命題」

 簡潔な文章は美しい。




***

英語にすると四語。
posted by いさや at 23:06| Comment(0) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い坊主(ver.1)

「笑い坊主」

 笑い坊主が笑っている。

 笑い坊主が腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が法廷で腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が法廷で被告を指差し腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が法廷で殺人罪の被告を指差し腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が法廷で殺人罪の被告を傍聴席から指差し腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が誰も笑わない法廷で殺人罪の被告を傍聴席から指差し腹を抱えて笑っている。

 うら若い笑い坊主が誰も笑わない法廷で被害者に陳謝する殺人罪の被告を傍聴席から指差し腹を抱えて笑っている。

 目元に隈を浮かべたうら若い笑い坊主が誰も笑わない法廷で被害者に陳謝する殺人罪の被告を傍聴席から指差し腹を抱えて笑っている。

 目元に隈を浮かべたうら若い笑い坊主が誰も笑わない法廷で被害者に陳謝する殺人罪の被告を傍聴席から指差し涙を浮かべ腹を抱えて笑っている。

 目元に隈を浮かべたうら若い笑い坊主が誰も笑わない法廷で被害者に陳謝する殺人罪の被告を傍聴席から指差し涙を浮かべ腹を抱えていつまでも笑っている。


***

というやり方をやるならよほど上手くやらなきゃいかんなあー。
と思ってるうちに九月も終わろうとしている今日この頃。時の流れって残酷なのね。

選評はぜひ九月中に@できたらいいなあ
posted by いさや at 23:04| Comment(6) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういえば

20090902215446.jpg

だいぶ前になるのだけども、bk1怪談大賞の副賞が届いた。
今年は何かしらんと届いた荷物を紐解いてみたら出てきたもの。
あまりに艶やかなのでこの世ならぬものが映ってるけど気にしない。

ちなみにこの子、『幽のみ』と呼ぶそうな。

んー……。
ダジャレかよ!!!!!

***

という辻さん@bk1のセンスとその感動のお裾分け。
良いものを頂いたものです。にやにや。
posted by いさや at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

名前はまだない

「名前はまだない」

 親方さまに拾われてから早三ヶ月、みんなあたしに良くしてくれるけれど、ときどきあたしの方をちらりと見て目を背けるのが気になっていた。
「ねえ親方さま、あたしはここにいちゃいけないの?」
「馬鹿言っちゃいけねえ、おめぇはおれたちの大事な家族だ」
 親方さまはがはははと笑いながらあたしを抱き寄せる。その汗臭いぼろ服にぎゅっとしがみつく。
 みんな名前を持っている。親方さまは、親方さま。料理頭は、料理頭。小間使いたちは、寝床の、厠の、厩の、という冠をつけて区別される。けれどあたしに名前はなくて、みんなお前や小娘と言って呼ぶ。それは名前ではない。名前が欲しくていっぱい仕事を探したけれど、この小さな共同体で余ってる仕事などないからあたしの名前はいつまで経っても見つからない。
 例えば火事になったとする。みんなは逃げる。おおおい、と名前を呼び合い無事を確認しあう。けれど名前のないあたしは誰にも呼ばれることなく死んでしまう。
 姫さまは泣きじゃくるあたしの背を擦って、大事なのは名前の有無じゃない、と慰めてくれる。でもそういうことじゃないの。そう言おうとするが嗚咽に飲み込まれてしまい結局何も言えなくなる。

***

タイトル競作「名前はまだない」
○:1 △:1 ×:1
三色揃い踏み。脳内亭さんの舌打ちを引き出し、瀬川さんのピュアなハートを鷲掴みにし、さかな兄ちゃまの寵愛を賜ったので上々ではないかと。

最初に書き上げた時は「あたし」を泣かせすぎてしまったので没にする予定だったのだけども、こういう物語ることを手放したものを出したことってしばらくなかったよなあ、と思い直して出してみた。
タイトルが「名前は“まだ”ない」であるおかげで救いのある話になるだろう、という期待を込めて。
「名前はまだない」ということはいずれ名前が獲得されるだろうということであって、それは客観的な保証かもしれないし主観的な期待かもしれないけど、いずれにしても悪い方向には転ばないことを予感させる一句だと思う。

結局sunaba作予想は大外れ。そうかー、mokuseiだったか。
すべてが明らかになってから「なるほどそうきたか」と思う。いつものことだけども。


雑記
posted by いさや at 11:31| Comment(2) | 書き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする